◆前転 やり方 練習方法 

難易度 ★

 

小学生の時やりましたね。でも意外ときちんと出来ている人は意外と少ないです。

  

初心者で多いのは頭の付く位置が近すぎる人、膝が伸びる瞬間がなく曲がっている人です。ゆくゆくは前宙のイメトレにも続いてますのでしっかり綺麗やりたいです。   

◆後転 やり方 練習方法

難易度 ★★

 

初心者で出来ない人多いです。ちょっとしたコツで出来るようになるので頑張りましょう。

 

手は耳の位置をキープ、頭がマットに付く時は首に力を入れずそのまま押されるまま、うなずく感じです。

 

とりあえず回れるようになったら今度は形を気にしましょう。前転と同じく膝が伸び来る瞬間があります。つま先は回転したら直ぐにマットに付けに行くイメージでやって下さい。

◆開脚前転 やり方 練習方法

難易度 ★★★

 

前転の終わりに開脚してそのまま起き上がります。ある程度、股関節の柔軟が必要です。固い人は最初、段差を利用しましょう。段々段差を下げていけば固くても勢いで出来るようになります。

 

股関節がやわらかい人はノーハンド(手を使わない)で起きるやり方も挑戦してください。

◆開脚後転 やり方 練習方法

難易度 ★★

 

後転の終わりに開脚して起き上がります。後転が出来ていれば全然難しくありません。柔軟性も開脚前転ほど必要ないので割と簡単に出来ます。 開脚のタイミングが早いと回転力がなくなるので注意しましょう。

◆伸膝後転(しんしつ後転) やり方 練習方法

難易度 ★★★

 

「しんしつ」と読みます。読んで字のごとく膝(ひざ)を伸ばして後転をやります。初めての人は結構難しいと思います。膝がどうしても曲がってしまう人多いです。

◆伸膝前転(しんしつ前転) やり方 練習方法

難易度 ★★★★★

 

膝を伸ばして、前転をします。前屈の柔軟性と前転の勢いがないと出来ません。伸膝後転より難易度が高いです。

◆倒立 やり方 練習方法

難易度 ★★★~★★★★★

 

体操の基本です。倒立が出来ないとこの先の技はすべて出来ないと言っても過言ではありません。

 

最初はキツかったりバランスが取れないかもしれませんがある程度出来るようになれば先の技に繋がりますので頑張って練習しましょう。

 

全くできない人は補助者に支えてもらって、慣れたら壁倒立、倒立歩行、倒立静止まで段階を踏んで地道に練習しましょう。 倒立で歩くより壁なしで静止することが最も難しいです。 

◆倒立前転 やり方 練習方法

難易度 ★★★★

 

倒立がある程度出来るようになったら今度は前転につなげてみましょう。

 

前転へ倒れることに恐怖感ある人はエバーマットを敷いてやれば安心です。補助してくれる人もいた方がよいです。

 

倒立で2、3秒止まれればなお良いです。膝の曲がりに注意しましょう。側転や転回(ハンドスプリング)にも影響する基本技ですのでしっかりマスターしましょう。

◆後転倒立 やり方 練習方法

難易度 ★★★★★

 

「倒立前転の逆です」と言ってみれば簡単に聞こえますが難易度は倒立前転の2倍位難しいかもです。

 

コツは腕の力ではなく背中の跳ねで体を倒立まで持っていきます。腕の力2割、背中の跳ねる力8割です。補助してくれる人がいた方が感覚が分かると思います。

◆側転 やり方 練習方法

難易度 ★★★★

 

倒立が出来ないと正しい側転は出来ないと思います。一人で壁倒立が出来るようになってから練習してないと厳しいです。

 

動画のように初心者の人は段差を利用して初めはやって下さい。

◆ドンキー講座 やり方

難易度 ★★★★

 

バク転の後半の動きです。これがしっかり出来ると、ロンダートやロンバク、連バクが勢い良く出来ます。上半身の起こしが非常に重要なポイントです。